セントラル商事株式会社は、お客様との「信頼」「信用」「相互理解」を基盤とした「利他共生」の経営を実践します。

社長挨拶

経済のグローバル化が進む中で工業資源や農産物資源の商品の価格は絶えず変動しています。そのような商品の価格は基本的には需要と供給で決まりますが、実際には様々な要素が複雑に絡み合って形成されます。商品先物市場では製造業者や流通業者、個人投資家からプロの運用会社までが様々な目的や思惑で日夜売買を行い価格を形成しています。

当社は、昭和25年に設立され、以来65年に亘りお客様に商品先物取引による資産運用やリスクヘッジをご提案してまいりました。今後も、満足度の高いサービスのご提供を通じて、お客様本位の営業活動、お客様から真に信頼される会社を目指してまいります。

また、平成27年6月より、「くりっく365」(取引所FX)及び、「くりっく株365」(取引所CFD)の取り扱いを始めました。商品先物取引で培った証拠金取引の専門性を活かして、お客様に外国為替と株価指数の証拠金取引サービスをご提供いたします。お客様の多様な投資ニーズに応えることができるようこれからも努力してまいります。

これまでのお客様のご愛顧に衷心より感謝申し上げますと共に、今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

平成27年6月
代表取締役社長 村上公成