金 相場、先物取引の"老舗"セントラル商事は次世代金融ビジネスリーディングカンパニーを目指しています

マーケットアナライザー

コンピューターがチャート分析!売買チャンスが一目でわかる!※画像をクリックすると拡大されます。

限られた時間で、いくつものテクニカル指標を用いて相場を分析するのは容易ではなく、せっかくの売買チャンスも見逃しかねません。 しかし「マーケット・アナライザー」があれば安心です。「マーケット・アナライザー」は、豊富なテクニカル指標による優れた分析力で時間と労力を削減し、 多忙を極める現代の投資家をしっかりとサポートします。。

market analyzer 分析機能

コメント例

【マーケット・アナライザー(総評)】 長期トレンドは上昇トレンドです。ADXが上昇している為、トレンドは継続するでしょう。インディケータの多くは「強気」傾向を示しています。 短期トレンドは上昇トレンドですが、近日中にトレンドが転換する可能性もあります。

コメント例

【テクニカル分析(相対力指数)】 RSIは54.7%で「中立」領域にいます。RSIが下の「売られ過ぎ」ライン(現在、30.0%に設定)を下回った時に強気シグナルが出され、「買われすぎ」ライン(現在、70.0%に設定)を上回った時に弱気シグナルが出されます。

【マーケット・アナライザー(相対力指数)】 RSIは54.74%で「中立」領域にいます。現在のRSIの水準では売買シグナルを出す為の十分な根拠とはいえません。RSIが「買われすぎ」領域に入るまでは、他の指標を参考にして下さい。翌日の価格が170円以下で50%以下になります。

コメント例

【テクニカル分析(方向性指数)】 ADXは現在のトレンドの強さを計測します。ADXの上昇は既存のトレンドが強いことを示すのに対して、ADXの下降はトレンドが弱まり、トレンドが転換する可能性を示唆します。現在、ADXは下降しています。

【マーケット・アナライザー(方向性指数)】 45日の移動平均に基づいた長期トレンドは上昇しています。しかし、ADXは下降しているため、現在のトレンドは弱まっており、トレンドが転換する可能性があります。マーケットは保ち合いとなるかもしれません。注意して下さい。

POINT

img-ma-point

"マーケットアナライザー"はお客様専用メニューです。ご利用には口座開設が必要です。