金 相場、先物取引の"老舗"セントラル商事は次世代金融ビジネスリーディングカンパニーを目指しています

セミナーのご案内

2014年07月12日(土)日経ホール&カンファレンスルーム

『大転換する世界経済と日本の可能性』

日付

2014年07月12日(土) 開場 13:15 開演 13:40 終了 16:40

協賛
  • tocom株式会社東京商品取引所
  • thomson reuters
  • pan rolling
内容

【第1部】2014年から世界の経済構造は大転換する。金融規制の問題、金融主導の経済から実体経済中心の経済への転換、国家が主導する経済への変化など、欧州危機を的中させた渡邉哲也氏が、転換期を迎えた世界経済の構造を紐解いていきます。また、引きこもりから攻めに転じ、2020年まで大変革する日本経済の可能性を展望します!

【第2部】宝飾はもとより、自動車の触媒に利用され、世界景気に敏感に反応する貴金属『プラチナ』を中心に、貴金属投資の最新の情報について、「金投資の新しい教科書」の著者でセミナーやメディアで大活躍の池水雄一氏が解説します!
南アフリカの鉱山会社で起きている労働者のストライキによる供給不足懸念から注目を集めるプラチナ。しかし、ストライキはいつかは終結するため、その後のプラチナ相場の展望が気になるところです。ストライキ終結で相場の下落はどこまであるのか?下落したところは買いなのか?今後のプラチナ投資の戦略を皆様にお届け致します。

【ご来場特典】
当日は、抽選会を実施します。商品はお楽しみに!

皆様のご来場をお待ちしております。

ご来場特典

 大転換する世界経済と日本の可能性

渡邉哲也氏

講師:渡邉哲也氏 (ワタナベ テツヤ)
作家・経済評論家

講師略歴
日本大学法学部経営法学科卒業。貿易会社に勤務した後、独立。複数の企業運営などに携わる。大手掲示板での欧米経済、韓国経済などの評論が話題となり、2009年『本当にヤバイ!欧州経済』(彩図社)を出版、欧州危機を警告しベストセラーになる。内外の経済・政治情勢のリサーチや分析に定評があり、さまざまな政策立案の支援から、雑誌の企画・監修まで幅広く活動を行っている。

 ストライキ終結後のプラチナ相場展望

講師:池水雄一氏 (イケミズ ユウイチ)
スタンダードバンクPlc東京支店長

講師略歴
1986年住友商事株式会社、1990年クレディスイス銀行、1992年三井物産株式会社を経て、2006年12月南アフリカ共和国最大の銀行であるスタンダード・バンクに入行、2009年2月より東京支店支店長としてトレーディング・チームを率いる。著書にワールドワイドな貴金属市場の仕組みや商社の活動などを平易に解説した「ゴールドディーリングのすべて」があり、2010年11月にはその続編「THE GOLD ゴールドのすべて」を上梓。近著に「金投資の新しい教科書」がある。

MC:大橋ひろこ氏(フリーアナウンサー)

略歴
マーケット関連、特にコモディティ、デリバティブ系に造詣が深く、レギュラー番組であるラジオ日経のマーケット・トレンドでキャスターを務める。一方で映画やアニメなど声優としての顔を持つなど、ボイスアクターとしても活躍中。

会場
日経ホール&カンファレンスルーム (日経ビル6階セミナールーム)地図を見る
申し込み
お申込み受付は終了致しました。たくさんのお申込みありがとうございました。

お電話でのお問合せは 0120-810-728 セミナー係まで。
受付時間 平日9:00-17:00

ご当選された皆様には、7月から順次ご招待券を郵送またはメールでお届けいたします。 当日お持ちの上、受付にご提出ください。

定員

限定90名様(応募者多数の場合は抽選。入場無料)

締切

お申込み受付は終了致しました。

重要事項

当セミナーは、一般投資家の皆様を対象としておりますので、業界関係者のご応募はご遠慮願います。
時間の関係上、皆様から頂いたご質問の全てにお答えすることが出来ない場合があります。
当セミナーの録画・録音は固くお断りいたします。
セミナーの内容は、予告なく変更する場合があります。